0794-82-2550

インフルエンザワクチンの接種の開始について

お待たせしておりましたが、10月5日(月)よりインフルエンザワクチンの接種を開始致します。ワクチン接種を希望される患者さまは、内科外来の診察時間にお申し出下さい。

【脳神経外科】10月16日(金) 午前診休診のお知らせ

【脳神経外科】10月16日(金) 藤原医師の午前診を休診させていただきます。

【内科】10月10日(土)午前診代診のお知らせ

【内科】10月10日(土)岡山医師の午前診を赤澤医師が代診させていただいます。

関西国際大学 カメラサークルさんとコラボして医師紹介YouTube動画を作成しました

関西国際大学 カメラサークルの学生さんとコラボして、リハビリテーション科部長・回復期リハビリテーション病棟専従医 田井裕之先生のご挨拶動画を作成しました。

【新任ドクター着任のご挨拶】リハビリテーション科部長 田井 裕之

地域の皆様こんにちは。私、今年1月より当院の回復期リハビリ病棟専従医として勤務させて頂いております。

当院回復期リハビリテーション病棟は、一般病棟とは一味違い、様々な職種のスタッフが連携して一人の患者さんに向き合い、一つのゴールに向かって一緒に退院まで付き添い支援する病棟です。また、当院だけでなく、北播磨総合医療センター、神戸医療センター、神戸市立西神戸医療センター、神戸中央病院、神戸大学医学部付属病院、明石医療センター、西脇市立西脇病院、加古川中央市民病院等々、地域の病院で急性期治療を受けられ、疾患の急性期は脱したがそのままでは自宅復帰できない状態の患者さんを広く受け入れています。

自宅復帰を目指し、医師・看護師・補助士・セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)・管理栄養士・薬剤師・介護福祉士・医療相談員などのスタッフ全員が日頃から濃密に関わり合い、また定期的に一堂に会して患者さんの情報を共有し、地域への再復帰を一緒に提案・準備する、急性期から慢性期の懸け橋となる病棟です。

先日テレビのある番組で新幹線の名前が出てきました。新幹線といえば、こだま、ひかり、のぞみ。これは速さを表現したネーミングだということをご存じだったでしょうか。“こだま”は音、“ひかり”は光、“のぞみ”は人の希望からくる想念です。“のぞみ”は音や光などの物理現象をも凌駕するほど速く強く届くという前提に立ってのネーミングというわけです。JRさん、誠ににくいネーミングですね。

さて人の望みからくる想念(生きたい、治りたい、治したい、元気になりたいという想念)は病院という空間の中には、様々な立場にある人々のなかで、入り乱れているはずです。その“想い”がどれほど速く強く伝わっているでしょうか。はなはだ疑問です。

服部病院 回復期リハビリ病棟は、患者さん・ご家族様の想いと各専門の医療スタッフの想いを“のぞみ”のごとく素早く力強く通い合わせ、きめ細やかな医療とケアを患者さん・ご家族様に届ける試みを続けてゆきます。

2020年4月、三寒四温を患者さんと一緒に耐え忍び、ようやく春を迎えるこの時期にご挨拶できる事を感謝致します。

回復期リハビリテーション病棟専従医

リハビリテーション科 部長 田井 裕之

【新任ドクター着任のご挨拶】外科部長 三方 彰喜

4月より服部病院外科にに勤務させていただくことになりました三方彰喜(みかた しょうき)と申します。専門は消化器・一般外科で腹腔鏡を用いた低侵襲手術を中心に診療・手術を行ってきました。胆石症や鼠経ヘルニア(脱腸)などの良性疾患をはじめ、胃がんや大腸がんなどの悪性腫瘍にも対応しています。
また、突然の腹痛や発熱から始まる急性虫垂炎や急性胆嚢炎などの緊急の病気にも積極的に取り組んで参りたいと思います。
微力ではありますが服部病院の理念を重んじつつ地域医療に貢献できるよう尽力したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

外科部長 三方 彰喜

【新任ドクター着任のご挨拶】整形外科部長 斯波 卓哉

2020年4月1日 赴任してまいりました整形外科の斯波卓哉(しば たくや)と申します。
60歳(還暦)を機に前職である、東京都世田谷区にある久我山病院整形外科を退職し本病院に勤務することを決意いたしました。
性格は極めて温厚と思っておりますが、あくまで本人評価なので実際はこの限りではないかもしれません。
さて整形外科医としての経歴ですが、脊椎外科、関節外科を経て最近はもっぱら外傷外科医として手術をがんばっており、骨折治療に生きがいを感じております。
骨折治療はこの5~10年ほどで飛躍的な進歩を遂げ、随時Up dateが必要な状態です。
簡単に申し上げますと、手術に使用する機械の進歩、手術手技の洗練、術後管理法の変化などがあげられます。例えば20年ほど前は、手関節の骨折の加療は保存的加療が最優先でした。4~6週間ほど手関節を固定しますので日常生活の制限は必発です(利き手を固定されたら本当に困ると思います)。最近は手術を行う事で翌日から手を使っていただけます。 お食事も手を使ってとれますし、パソコンのキーボードも打てますので、就業再開も早めに開始することができます。
関節外科も継続しております。最近は人生100年時代などといわれております。軟骨がすり減って痛くなった関節が保存的加療でよくならなければ積極的に人工関節をお勧めします。
痛い関節に別れを告げて、痛くない快適な日常生活を送っていただくことがよろしいのではないかと考えております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

整形外科部長 斯波 卓哉

【お知らせ】下肢静脈瘤センターをオープンしました

令和元年、12月1日より、下肢静脈瘤センターをオープンいたしました。

下肢静脈瘤は、下肢の静脈の弁が壊れ、心臓に戻るはずの血液が逆流してしまう病気です。

膝やふくらはぎ周辺の皮膚静脈が異常に拡張、蛇行する病気で」よく「足にみみずばれが出来た」と言ってこられます。

症状としては・・・

足が重く疲れやすい

足が張った感じがする

こむら返りが起こる などがあります。

放置してひどくなると、足の皮膚に十分な栄養がいかなくなり

ついには皮膚炎をおこしたり、皮膚が茶褐色になったり、治療が非常に困難な、いわゆる難治性の皮膚潰瘍を形成することもあります。

静脈瘤の大きさ、症状によって治療法が決まります。自分の足を見て静脈瘤に気付いたら、なるべく早めに専門外来を受診してください。

(専門外来日時)

木曜日、金曜日 13:00~17:00

土曜日       9:00~12:00

 

心臓血管外科部長兼下肢静脈留センター長 金澤成雄

【お知らせ】7月1日(月)より泌尿器科の診察曜日 変更のお知らせ

令和元年7月1日(月)より泌尿器科の外来診察曜日が月曜になります。

診察日時:毎週月曜日 午前診(9時~12時)

医師:樋口 彰宏 医師

詳しくはこちら

【増科のお知らせ】5月9日(木)より泌尿器科が診察開始致します。

令和元年5月9日(木)より泌尿器科の外来診察を開始致します。

診察日時:毎週木曜日 午前診(9時~12時)

医師:樋口 彰宏 医師

詳しくはこちら