0794-82-2550

看護部

私たちは、患者さんの人権を尊重し、いつも優しい心で
患者さんに寄り添い、信頼される看護を実践します。

看護部の基本方針

  • 看護実践能力の向上に努め、安全で良質な看護を実践します。
  • 多職種と協働し、患者さんの視点でチーム医療を推進します。
  • 地域連携を強化し、継続した看護を実践します。
  • チームの和を大切にし、働きやすい職場環境づくりを目指します。

看護部長のメッセージ

当看護部では、患者さんの尊厳を守り、やさしい心で患者さんやご家族に寄り添い、信頼される看護・介護を実践していくことを目指しています。
当院は、一般病棟、地域包括ケア病床、回復期リハビリテーション病棟、療養病棟があり、急性期から回復期・慢性期の患者さんが治療を受けられています。24時間看護に携わる私たちは、患者さんの状態を理解しさまざまな病状に合わせた質の高い看護・介護の提供ができるよう努力しています。

看護・介護は、“いのちと暮らし”に関わる仕事です。私たちは患者さんと出会い、その人の生き方、病気に立ち向かう姿、ご家族の献身的な姿に多くの感動をいただいています。そして、患者さんやご家族に、信頼していただくことの大切さを日々感じ、学ぶことが多い仕事であると実感しています。

いつも優しい心で患者さんに寄り添い、安心して安全なケアを受けていただけるよう多職種と協働して専門性を発揮しながら一日でも早く元の生活に戻っていかれるようにサポートしていきます。

患者さんに専門性の高いケアを受けていただくためには、まず私たち自身のモチベーションを保ちながら良い職場作りをしていかなければなりません。そのためには、謙虚に自分を振り返る力を付けて、看護職員一人ひとりが成長していく看護部作りをしたいと思っています。

患者さんやご家族に信頼していただき「服部病院で治療を受けて良かった」と思っていただけるよう、看護部職員一丸となって努力しますので、皆様のご支援、ご指導を宜しくお願い致します。

[看護部長 野田 保代]

部署紹介

  • 2階病棟 一般病棟(27床)
    地域包括病棟(18床)
    脳神経外科・整形外科の患者さんが入院されています。緊急入院も多く、 患者さんの状態変化にきめ細やかに対応するための知識・観察力・判断行動力が必要です。 回復期の患者さんには、リハビリテーションによる日常生活動作能力の回復の援助と介護保険準備などの退院支援に力を入れています。
  • 3階病棟 療養病棟(50床)
    急性期を脱した後の治療・管理を行う慢性期医療の場で、日常生活援助を含めたケアを包括的に行う病棟です。 医療必要度の高い患者さん、在宅生活に向けての準備や介護指導を必要とする患者さん、自宅療養困難で施設入所待ちの患者さんが主に入院されています。
  • 4階病棟 一般病棟(48床)
    外科・内科・透析の急性期の患者さんを受け入れている混合病棟です。患者さんご本人やご家族の想いを尊重しながら、 受け持ち看護師を中心にチームでケアを行っています。患者さんの安全を守り、個別性のある看護ができるよう、 カンファレンスを実施し情報共有に努めています。
  • 回復期リハビリテーション病棟(36床)
    脳血管疾患や大腿骨頚部骨折などの患者さんに対して、ADL能力の向上により、 寝たきりの防止と家族復帰を目的とした集中的なリハビリテーションを提供。 医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が共同で患者さんに合ったプログラムを作成し、リハビリテーションを行います。
  • 手術室、中材室
    脳神経外科、整形外科、外科の手術を行っています。医師への機械や器具を渡す看護師、 手術全体の流れを確認しながら必要な材料や薬剤の準備を行う看護師で役割を分担します。 手術を受けられる患者さんには、担当看護師が術前訪問を実施し、不安を軽減できるようにサポートしています。
  • 第一・第二透析室
    透析専門医と30名以上のスタッフをそろえ、患者さんへのサービスと透析液の水質管理に力を注ぎ、 質の高い透析医療の提供を目指しています。患者さんの半数が75歳以上の高齢者であるため、 その方々が必要とするケアを常に意識しながら、きめ細やかな看護を行っています。
  • 外来
    外来には、1日150~200名の患者さんが来院されています。健康診断では、町ぐるみ健診、生活習慣病健診、 企業検診、各種人間ドックを実施。さまざまな患者さんと向き合う多忙な現場ですが、多職種と連携しながら、 相手の立場にたった丁寧な看護の実践を心がけています。
  • こんな取り組みも実践中!
    接遇態度改善に向けたチェックシートの導入 勤務中、スタッフの「いいところ」を発見し認め合う「いいねカード」の実施

    看護の質の向上、職員のモチベーションアップにつながる新しい取組みも積極的に行っています。

チーム医療・患者サービス(院内活動・院外活動)

  • チーム医療の活動
    チームラウンドの実践
    ICT NST RST 褥瘡
    医療安全
    多職種との連携・協働したケアの提供
    多職種カンファレンス
    リハビリカンファレンス
    退院前カンファレンス
  • 患者サービス
    院内活動
    糖尿病教室
    認知症カフェ(あじさいカフェ)
    透析患者の相談教室
    医療相談
    医療安全相談
    院外活動
    腎友会(透析患者さんとの意見交換会)

現場の声

風通しの良い職場で、とても働きやすいです。
設備の整った院内保育所を完備するなど、職場復帰しやすい環境が整っています。
  • 第一・第二透析室 勤務
  • 知人から紹介され、服部病院に就職しました。もうすぐ1年になるのですが、この病院は人間関係がよく、 とても働きやすい職場だと思います。看護の現場に復帰するにあたり、子どもを院内保育所に預けることに。 敷地内に独立した施設があるのには最初驚きました。
    室内もきれいで床暖も完備されていますし、定員数が少ない分、保育士の方がしっかりとみてくれる安心感も、 預ける側からすると、とても心強いです。
    看護の現場は多忙なので、子持ちだと融通が利かず肩身が狭い思いをされている方も多いと思いますが、 服部病院のスタッフの方々はその点でも理解があるので、とてもありがたいですね。

主な福利厚生関係

ワークライフバランスの実現に向けて、看護師の労働環境の向上に努めています。

休日 4週7休制(週39.5時間)、年間休日112日
待遇 昇給年1回、賞与年2回、社会保険完備、退職金制度有、有給休暇有、
夏季休暇・年末年始休暇有、車通勤可、通勤手当支給(上限3万円/月)

現任教育

  • 集合研修とOJT、自己研鑽
  • 院外研修(北播磨総合医療センターなど)
    資格取得やスキルアップを支援する出張支援制度があります。

看護師募集中! 看護部ブログ